メディカルアロマセラピーが不眠症解消に効果的でオススメ

アロマセラピーは不眠症の方がアロマ精油を使って実践出来ます。これを医療的な効果として使用するのがメディカルアロマだと思って構いません。一般の人でも実践して良いのか?その効果はどうなのか?を考えてみましょう。

メディカルアロマってそもそもなに?

アロマセラピーはヨーロッパ発祥のものとして、香りで心を癒やすことに使用されてきました。イギリス系は気持ちをリラックスさせるためのものですが、フランス系は実質的に治療効果を求めてきた歴史もありますので、今で言うメディカルアロマセラピーはフランス系ですね。

ヨーロッパではハーブ医療が進んでいて、国によっては保険適用で投薬治療に使えます。当然、アロマ精油の自然治癒サポートの効果にも注目されて、医療用途で使用する動きが進んでいます。

問題なのは使う側に確かな知識があって、適正な使い方が出来るのかということですね。ヒーリング効果を目的として使用するにも、日本ではアロマセラピストの検定試験を設けていますので、医療用途となれば専門の資格が必要になるでしょう。日本にも専門の認定協会があるので、仕事としてするのなら資格の取得は欠かせませんね。

自分で実践するには資格は必要?

ご自分でメディカルアロマセラピーをするときは、資格を取得するところまでは必要ないでしょう。ただ、不眠症を解消するために本気でアロマ精油を使っていこうと思うなら、効果を高めるためにも専門的な知識を持っていると便利です。

メディカルアロマセラピーを実践するには、どこにでも売っている様なアロマオイルを使用することは出来ませんね。その成分がオーガニック認定を受けているとか、100%天然由来になっていないと本来の効果を発揮することがないからです。

認定基準が厳しいためランクの高い精油は値段が少し高めになっています。

また、メディカルアロマセラピーとして塗ることが出来る様にブレンドされているものを購入して使うことも出来ます。ここで注意して頂きたいのがメディカルと名前についているだけあって非常に効果が高いため、使い方は厳守しなくてはいけません。パッチテストするなど明記されている使用方法を守ることが大切です。