イランイラン睡眠に効くアロマオイル

眠りに効果的なアロマシリーズ「イランイラン」の紹介です。

アロマの種類の紹介

タヒチ、フィリピンなどの南洋諸島が原産地の樹木「イランイランノキ」に咲く黄色い花から抽出された精油が、アロマに使われる「イランイラン」です。

イランイランは、花の美しさをたたえてマレー語で「アランイラン(花々の中の花)」と言われたことから名前がついたとされています。

イランイランの精油は水蒸気蒸留され抽出されますが、蒸留の過程で精油の品質は大きく変わります。最初に蒸留して抽出されたものほど高品質で、後の過程になればなるほど低品質になります。品質の低いものはイランイランとは呼ばれず「カナンガ油」という名称に変わります。

芳香成分の種類

イランイランの香りの主成分はリナロール、ファルネソール、酢酸ベンジル、酢酸ゲラニル、安息酸メチルです。甘い濃厚な香りが特徴で、香水のシャネルにも使われています。

精油は芳醇な香りが好まれ、ココナッツミルクと混ぜて女性の整髪剤として使用されてきました。花の香りはリラックス作用と幸せな気持ちを引き出し持続させる作用があります。また催淫作用があり性的感情を高める効果もあります。インドネシアでは、初夜に新婚夫婦のベッドの周りに花を撒く習慣があるそうです。

心への効果

強いストレスと精神的なショックを鎮めます。怒りや不安、緊張、恐怖、興奮などの激しい気持ちの高ぶりに襲われた時に使用すると、ゆっくりと気持ちを落ち着けてくれます。リラックス作用があり、不眠改善に効果があります。

体への効果

血圧を下げる作用があり、高血圧の改善に効果があります。ホルモンのバランスを整える作用もあるので生殖器の障害に有効です。女性は生理痛、生理不順、更年期障害に、男性はインポテンツや冷感症の症状に効果が期待できます。

また、鎮静作用もあり、過呼吸や頻拍を抑えます。肌への効果は、皮脂の分泌を調整するので、ニキビ予防に役立ちます。


私は強い香りのものが苦手なので、イランイランは最近使っていませんが、自分好みの香りを見つけてぜひ不眠症対策にお役立て下さいね。