アロマオイルのマッサージで心地よいぐっすり睡眠を目指そう

アロマオイルは、アロマ精油とキャリアオイルがあれば作ることが出来ます。ただ、難しいのはアロマ精油にはかなりの種類があり、ブレンドして使うこともあるので効果を読み違えると逆効果になるところでしょう。アロマセラピストの検定を取得するまで頑張る必要はありませんので、紹介されているレシピを参考にしながら実践しましょう。

<基本となるレシピ>
材料
・アロマ精油・・・5滴
・キャリアオイル・・・50ml
・オイルが入るプッシュボトル・・・1本

作り方

ボトルにアロマ精油を入れて、そこにキャリアオイルを注ぎます。キャップを閉めて良く振って混ぜたら完成です。保存料を使用していませんので、半年を目安に使い切りましょう。

ここまでが基本的な作り方になります。不眠症で困っているときにオススメなのは、ラベンダーやオレンジスイート、カモミール・ローマンが初めての方でも安心して使えるアロマ精油です。

ラベンダーは、かなり疲れていてもリラックス出来て安眠が期待できます。また、オレンジスイートは落ち込んだ気分を明るくして深く眠れる効果があります。
カモミール・ローマンは、傷ついた気持ちを回復させながらリラックスさせてくれます。オススメのアロマ精油ではありますが、香りの感じ方には個人差があります。

私が好きなのはオレンジスイートです。アロマグッズの販売店では、香りを試しに嗅がせてくれますので、必ず好きな香りかどうか嗅いで確認してから購入しましょう。
キャリアオイルも種類が多いですが、どこでも購入できる手ごろな値段ならエクストラバージンオリーブオイルが良いです。

良くある失敗として、「何となく名前が気に入った」と言う買い方をする人がいます。開けてみたら気分が悪くなる匂いで、結局、アロマ精油に対しても悪いイメージを持って使わなくなります。正しい選び方と使い方が出来れば、不眠症を緩和するのに便利なアイテムなので、初心者の方は知識のあるスタッフがいるお店を選ぶところから始めましょう。

アロマセラピストの店員がいると、「落ち込んだときにオススメの香り」とか「元気を出したいときの香り」と注文するだけで、いくつかを選んで試させてくれます。
本当に好きなものだけを厳選して使うのがコツです。

オイルでのマッサージは手や足につけて心臓の方向に向けて揉んで下さい。人によって反応が違うので、小さな範囲から初めて問題ないことが確認できたら、手足→腕・ふくらはぎや太ももと範囲を広げて構いません。